うつ病の治療はうつ病やうつ病の症状についての正しい理解が重要

女の人

うつ治療の流れ

悩む人

治療開始から3ヶ月目まで

うつ病の症状があらわれ始めたら、まずはできるだけ症状をやわらげてあげる必要があります。休養しながら抗うつ剤を服用し治療を行っていきます。うつ病を治すためには休息も大切になります。うつ病になってしまったからといって必ずしも休職しないといけないわけではありませんが、休職し治療に専念した方が良いでしょう。薬を服用し始めてからの数週間は副作用の症状が強くあらわれる期間になります。症状が回復せず、副作用だけがあらわれ始めるのでかなり辛い期間になってしまいますが、徐々に効果が実感できるようになりますし、副作用の症状も軽減し始めます。諦めずに治療を続けていきましょう。

4ヶ月目から9ヶ月目まで

この時期になるとうつ病の症状がだいぶ落ち着き始めます。人によってはうつ病の症状がほとんどあらわれなくなるので治ったと勘違いしてしまいがちですが、すぐに治ったと判断するのは危険です。うつ病は症状が良くなるときと悪くなるときを繰り返すので、油断せずに服用を続け、様子を見るようにしましょう。

10ヶ月目から治るまで

この時期まで根気よく治療を続けていくとうつ病の症状もだいぶ良くなってきます。この段階では少しずつ元の生活に戻るために体を慣らしていきます。家族以外ともコミュニケーションを取ったり、外に出かけてみたりしましょう。ここまでくればうつ病を克服できるのも時間の問題です。ただしこの期間で薬の服用をやめたり、無理をしたりしてしまうと症状が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。また、うつ病を発症する原因となった場所や人には関わらないようにすることも大切です。

Copyright © 2017 うつ病の治療はうつ病やうつ病の症状についての正しい理解が重要 All Rights Reserved.