うつ病の治療はうつ病やうつ病の症状についての正しい理解が重要

女の人

新型うつ病という病気

女の人

うつ病にも種類がある

実はうつ病にも種類があるって知っていますか?世間一般によく知られているうつ病はメランコリー型うつ病と呼ばれるものになります。このメランコリー型のうつ病は中高年の方が発症しやすいという特徴がありましたが、最近になって若い人がうつ病を発症することが多くなってきました。それが非定型うつ病です。非定型うつ病は新型うつ病とも呼ばれています。

新型うつ病とは

新型うつ病は若い人が発症しやすいと紹介してきましたが、新型うつ病患者の平均年齢は25歳ほどだと言われています。また、メランコリー型のうつ病は男性が発症しやすいという特徴がありましたが、新型うつ病は女性が発症しやすいうつ病です。これまでのうつ病が全ての物事への興味・関心が無くなるのに対し、新型うつ病の患者は自分の好きなことや興味・関心のあることは積極的に行うといった特徴があります。

2つのうつ病には共通の症状も

メランコリー型のうつ病と新型のうつ病には共通して見られる症状もあります。例えば物事への意欲がでない(新型うつ病の場合は好きでないもの、興味がないものへの意欲)、眠りが浅くなったり不眠症になったりする、物事に集中できなくなる、正しい判断ができなくなるといったものです。両方とも症状が進行すると心身の疲労感を感じるようになったり死を考えるようになったりします。

新型うつ病特有の症状

新型うつ病の最大の特徴としては、自分の好きなことや興味のあることを行っているときはうつ病の症状が出ないといったものがあげられます。これはメランコリー型のうつ病にはみられないものです。そのため新型うつ病の患者は何かと誤解を受けやすくなります。周りの人から見ると自分の嫌いなことを行うときは辛そうにし、好きなことは嬉々として行うのでそう見えても仕方ないかもしれませんね。ですが、新型うつ病は歴とした病気です。患者さん本人は様々な症状に苦しめられているので、周りが新型うつ病について正しく理解し、対処してあげる必要があります。

Copyright © 2017 うつ病の治療はうつ病やうつ病の症状についての正しい理解が重要 All Rights Reserved.